不妊症・生理・女性の悩み・ウェルネス研究所 元気な赤ちゃんを授かるための方法と基礎知識・お役立ち情報 生理痛をなくすための方法と基礎知識・お役立ち情報 生理周期のバラツキや無月経を改善するための方法と基礎知識・お役立ち情報 更年期障害を改善・軽減するための方法と基礎知識・お役立ち情報 ウェルネス研究所 サポート内容
*
おすすめリンク集
*
べびくる
多嚢胞性卵巣症候群にお悩みなら
PMSにお悩みなら
*
相談無料 女性カウンセラーがお答えいたします!
ウェルネス研究所 サポート内容
生理の状態からあなたを診断
Dr.Wellnessのからだチェック

*
 
 

更年期障害の病院治療に「ホルモン補充療法(HRT)」があります。これは女性ホルモンを外から補って、ホルモンの急激な減少を抑え不快症状を改善するというものです。しかし、ガンや心臓発作などの副作用に対して確認されていない部分も多いことから、治療を受けている間は、医師の指導のもと定期的に検診を受けなければならないと言われます。つまり、それだけ十分な注意が必要な治療法だということです。

実際に「ホルモン補充療法」を行っているお医者さんの間でも、治療に対する賛否は分かれています。「更年期をラクに過ごすために非常に有効である」というお医者様がいれば、「体への負担やリスクを考えると利用すべきでない」と考えるお医者様もいらっしゃいます。「ホルモン補充療法」に対する結論はまだ出ていませんが、女性ホルモンを外から補充するという、自然に逆らった医療であることに変わりはありません。効果だけではなく、副作用についてもきちんと理解しておきたいものです。
また、「ホルモン補充療法」は歴史が浅く、まだまだ発展途中の治療法です。予期せぬトラブルがひそんでいる可能性も十分に考えられます。

そこで、ウェルネス研究所では、自然に更年期障害を改善するための「体質改善」をご提案しています。体の中を少しずつ良い状態に整え、ホルモンバランスを安定化したり、体内の器官機能の働きを向上させることで、更年期に負けない健康な体を目指します。

 
   

<鎮痛剤の常用に関するNEWS>

◆ガンの発現率が高くなる
イギリスで実施された疫学試験のデーターによれば、ホルモン補充療法を受けている女性は受けていない女性に比べて、卵巣ガンを発現するリスクが約20%、卵巣ガンで死亡するリスクが約23%高いそうです。
また、卵巣ガン・乳ガン・子宮内膜ガンの全発現率は、ホルモン補充療法を受けている女性の方が約63%も高いことが報告されています。

◆尿失禁にかかりやすくなる可能性が?
アメリカの大学の研究チームにより、心疾患歴がありホルモン補充療法を長期にわたって利用している女性は、尿失禁の割合が著しく高いことが報告されています。データによれば、臨床試験を行った女性(ホルモン補充療法を長期利用)の約48%が急迫性尿失禁を起こしており、約54%が緊張性尿失禁を起こしているそうです。

 
 
*
| HOME | 不妊症の悩み | 生理痛の悩み | 生理不順の悩み | 更年期障害の悩み | サポート内容 | 生理・体チェック |
Copyright© 2001 Wellness Research Institute