不妊・生理・女性の悩み・ウェルネス研究所 総合TOP ウェルネス研究所 会社概要 ウエルネス研究所サイトマップ 不妊症・生理不順等のご質問・お問合わせ
不妊症・生理・女性の悩み・ウェルネス研究所 元気な赤ちゃんを授かるための方法と基礎知識・お役立ち情報 生理痛をなくすための方法と基礎知識・お役立ち情報 生理周期のバラツキや無月経を改善するための方法と基礎知識・お役立ち情報 更年期障害を改善・軽減するための方法と基礎知識・お役立ち情報 ウェルネス研究所 サポート内容
不妊症HOME
自然に授かりたい
不妊治療を成功させたい
2人目不妊・35歳からの妊娠
もしかして男性不妊
妊娠しやすい体質って?
本当に大丈夫?薬の副作用
体験談のご紹介
赤ちゃんが欲しい 編
2人目が欲しい 編
年齢に負けない 編
知っておきたい豆知識
女性のからだ基礎講座
女性の病気辞典
くすりの豆知識
*
おすすめリンク集
*
べびくる
多嚢胞性卵巣症候群にお悩みなら
PMSにお悩みなら
*
相談無料 女性カウンセラーがお答えいたします!
ウェルネス研究所 サポート内容
生理の状態からあなたを診断
Dr.Wellnessのからだチェック

*
 
*
*
* *  
  <卵を育てる・排卵を誘発するための 排卵誘発剤>  
 
 <製品名> セキソビット
[製 剤 名] シクロフェニル製剤
[主な使われ方] 排卵が起こりにくい・無月経・稀発月経の場合に、排卵を誘発するために使われる。
[特 徴] 他の排卵誘発剤に比べると効果は弱いが、その分、副作用も少ないというメリットがある。比較的、軽度の排卵障害の場合に処方されることが多い。
[副 作 用] 頭痛・めまい・目のかすみ・吐き気・食欲不振 など
 
     
 
 <製品名> クロミッド・フェミロン・セロフェン
[製 剤 名] クロミフェン製剤
[主な使われ方] 無排卵・無月経・稀発月経の場合に、排卵を誘発するために使われる。また、人工授精や体外受精、顕微授精の際に、たくさんの卵を育てるために使われる。
[特 徴] 代表的な排卵誘発剤。排卵が起こってない場合に、まず最初に処方されることが多い。同じ排卵誘発剤の「セキソビット」より強力な作用がある。
[副 作 用] 頭痛・めまい・目のかすみ・吐き気・食欲不振・ほてり・うつ症状 など
[重大な副作用] ◆子宮頸管粘液が減少する
◆子宮内膜が薄くなる
◆多胎率:約5%
◆OHSS(卵巣過剰刺激症候群)
卵巣が過剰に反応してはれあがり、腹水や胸水がたまる状態。軽度の場合が多いが、まれに重症化することもある。
 
     
 
 <製品名> ヒュメゴン・パーゴナル・パーゴグリーン・
                ゴナドリール・HMGフジ・HMG日研
[製 剤 名] hMG製剤
[主な使われ方] 無排卵の場合に排卵を起こすために使われる。また、人工授精や体外受精、顕微授精の際に、たくさんの卵を育てるために使われる。
[特 徴] 卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体化ホルモン(LH)の両方が含まれたゴナドトロピン製剤。卵巣を直接刺激するため、排卵誘発効果が高い。
[副 作 用] 発熱・注射部位の過敏症・関節痛 など
[重大な副作用] ◆多胎率:約20%(hMG/FSH+hCG法の場合)
◆OHSS(卵巣過剰刺激症候群)
卵巣が過剰に反応してはれあがり、腹水や胸水がたまる状態。重症化した場合、「血栓症」「脳梗塞」が起こる危険があるので入院が必要。
 
     
 
 <製品名> フェルティノームP・フォリルモンP
[製 剤 名] FSH製剤
[主な使われ方] 無排卵の場合に排卵を起こすために使われる。また、人工授精や体外受精、顕微授精の際に、たくさんの卵を育てるために使われる。
多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)に適している。
[特 徴] 黄体化ホルモン(LH)をほとんど含まない。もともとLH値が高い多嚢胞性卵巣症候群の人の治療によく使われる。
[副 作 用] 発熱・注射部位の過敏症・関節痛 など
[重大な副作用] ◆多胎率:約20%(hMG/FSH+hCG法の場合)
◆OHSS(卵巣過剰刺激症候群)
卵巣が過剰に反応してはれあがり、腹水や胸水がたまる状態。hMG製剤より確率は低いが注意は必要。
 
  >> 薬の豆知識TOPへ  
*
| HOME | 不妊症の悩み | 生理痛の悩み | 生理不順の悩み | 更年期障害の悩み | サポート内容 | 生理・体チェック |
Copyright© 2001 Wellness Research Institute