不妊症・生理・女性の悩み・ウェルネス研究所 元気な赤ちゃんを授かるための方法と基礎知識・お役立ち情報 生理痛をなくすための方法と基礎知識・お役立ち情報 生理周期のバラツキや無月経を改善するための方法と基礎知識・お役立ち情報 更年期障害を改善・軽減するための方法と基礎知識・お役立ち情報 ウェルネス研究所 サポート内容
不妊症HOME
自然に授かりたい
不妊治療を成功させたい
2人目不妊・35歳からの妊娠
もしかして男性不妊
妊娠しやすい体質って?
本当に大丈夫?薬の副作用
体験談のご紹介
赤ちゃんが欲しい 編
2人目が欲しい 編
年齢に負けない 編
知っておきたい豆知識
女性のからだ基礎講座
女性の病気辞典
くすりの豆知識
*
おすすめリンク集
*
べびくる
多嚢胞性卵巣症候群にお悩みなら
PMSにお悩みなら
*
相談無料 女性カウンセラーがお答えいたします!
ウェルネス研究所 サポート内容
生理の状態からあなたを診断
Dr.Wellnessのからだチェック

*
 
 
   
   

妊娠したり、出産したりするのが女性であることから、不妊は女性の責任、女性側の問題として捉えられがちです。しかし、実際のところ、不妊の原因は女性側にある場合が約40%・男性側にある場合が約40%・男女両方にある場合が約20%だと報告されています。つまり、不妊の原因は男女半々であって、女性だけの問題ではないのです。また、近年、食生活や生活習慣、ストレスなどの影響から、精子数が少ない男性や精子の運動率が悪い男性が増えていると言われています。男性不妊は決して、どこかの誰かさんだけに起こる特別なことではありません。
赤ちゃんがなかなか授からないのはナゼ?…そんな壁にぶつかった時には、「男性不妊」という可能性にも目を向けてみる必要があります。

そもそも赤ちゃんのもとである精子と卵子の出会いは、非常に奇跡的な出来事です。通常、女性の膣内に射精された精液の中には億単位の精子が含まれていますが、膣内は強力な酸性で保たれているため、酸性に弱い精子は大部分が死滅してしまいます。膣内を泳ぎ続けて受精場所まで辿り着けるのは、わずか100万分の1の精子だけ…。さらには、最終的に卵子の中に入り、命の核となるのは、機能的にも形態的にも優れたたった1匹の精子だけです。したがって、ほんの少し精子の数が少ない・運動率が悪いことが、不妊につながっているケースも考えられます。

不妊を乗り越え、可愛い赤ちゃんを授かるためには、男性不妊について考えたり認識を深めたりすることも必要です。そこで、当ホームページでは男性不妊の最新医療情報や基礎知識などもご紹介しています。

 
>> 夫婦で取り組む男性不妊ページへ
 
*
| HOME | 不妊症の悩み | 生理痛の悩み | 生理不順の悩み | 更年期障害の悩み | サポート内容 | 生理・体チェック |
Copyright© 2001 Wellness Research Institute