不妊症・生理・女性の悩み・ウェルネス研究所 元気な赤ちゃんを授かるための方法と基礎知識・お役立ち情報 生理痛をなくすための方法と基礎知識・お役立ち情報 生理周期のバラツキや無月経を改善するための方法と基礎知識・お役立ち情報 更年期障害を改善・軽減するための方法と基礎知識・お役立ち情報 ウェルネス研究所 サポート内容
不妊症HOME
自然に授かりたい
不妊治療を成功させたい
2人目不妊・35歳からの妊娠
もしかして男性不妊
妊娠しやすい体質って?
本当に大丈夫?薬の副作用
体験談のご紹介
赤ちゃんが欲しい 編
2人目が欲しい 編
年齢に負けない 編
知っておきたい豆知識
女性のからだ基礎講座
女性の病気辞典
くすりの豆知識
*
おすすめリンク集
*
べびくる
多嚢胞性卵巣症候群にお悩みなら
PMSにお悩みなら
*
相談無料 女性カウンセラーがお答えいたします!
ウェルネス研究所 サポート内容
生理の状態からあなたを診断
Dr.Wellnessのからだチェック

*
 
 
   
   
この2つのお悩みの原因と言われるのが「卵子の老化」です。
女性の卵巣にはたくさんの卵子が眠っていて、生まれた時から老化が始まっています。例えば、20歳の時に排卵した卵子は20年ほど、40歳の時に排卵した卵子は40年ほど老化していて、その分、受精能力が弱くなっていたり、ダメージを受けていたりします。そのため、年齢が高ければ高いほど自然と妊娠へのハードルも高くなってしまうのです。
また、2人目を希望されている方も、1人目を妊娠された時より確実に年を重ね、老化が進んでいます。仮にたった3年しか経っていないとしても、女性の生殖可能年齢から考えると大きな3年です。1人目の時より妊娠しにくいことは少しも不思議なことではありません。
もちろん、老化現象は卵子だけに限らず、体内のいたるところで起こっています。卵巣機能の衰え、子宮内環境の悪化、女性ホルモンの減少etc..。妊娠のメカニズムは極めてデリケートで、ほんの小さな要因があるだけでも、不妊につながってしまいます。
そこで、私たちがご提案しているのが、「卵子の質を向上させたり、卵巣・子宮などの働きを高めるため、体の中を良い状態に変えていく」という『体質改善』です。血行促進・代謝促進・免疫力強化など、体の質を向上させることによって、妊娠に関わるあらゆる器官の働きを活発にし、不妊の解消を目指します。
 

■30歳を過ぎると毎年約3.5%ずつ
「妊娠能力」が低下していく!
 
■35歳以上の人の体外受精での妊娠率は
20代の人の約半分!
 
 
*
| HOME | 不妊症の悩み | 生理痛の悩み | 生理不順の悩み | 更年期障害の悩み | サポート内容 | 生理・体チェック |
Copyright© 2001 Wellness Research Institute