不妊治療を成功させたい方へ

不妊症・生理・女性の悩み・ウェルネス研究所 元気な赤ちゃんを授かるための方法と基礎知識・お役立ち情報 生理痛をなくすための方法と基礎知識・お役立ち情報 生理周期のバラツキや無月経を改善するための方法と基礎知識・お役立ち情報 更年期障害を改善・軽減するための方法と基礎知識・お役立ち情報 ウェルネス研究所 サポート内容
不妊症HOME
自然に授かりたい
不妊治療を成功させたい
2人目不妊・35歳からの妊娠
もしかして男性不妊
妊娠しやすい体質って?
本当に大丈夫?薬の副作用
体験談のご紹介
赤ちゃんが欲しい 編
2人目が欲しい 編
年齢に負けない 編
知っておきたい豆知識
女性のからだ基礎講座
女性の病気辞典
くすりの豆知識
*
おすすめリンク集
*
べびくる
多嚢胞性卵巣症候群にお悩みなら
PMSにお悩みなら
*
相談無料 女性カウンセラーがお答えいたします!
ウェルネス研究所 サポート内容
生理の状態からあなたを診断
Dr.Wellnessのからだチェック

*
 

不妊治療を成功させたい

 

不妊治療を頑張っていても、色々な行き詰まりがあると思います

不妊治療の悩み  

そういった不妊治療の途中でお悩みを抱える方々が、1日も早く治療に成功して赤ちゃんに会えるようにバックアップさせていただくのが私たち「ウェルネス研究所」です。

 

不妊治療は妊娠への道のりを手助けしてくれる効果的な方法のひとつです。ですが、あくまでも「排卵を起こす」「卵子と精子を受精させる」「ホルモン分泌を促す」など、一部の手助けをしてくれるものであって、妊娠成立までの全てのプロセスを支えてくれるわけではありません。したがって、せっかく人工授精を受けたとしても、卵子の質が悪ければ受精・着床というハードルを乗り越えられず、妊娠成立が難しくなります。また、体外受精を受けたとしても、子宮内膜の状態が整っていなければ、これもまた妊娠成立が難しくなります。つまり、赤ちゃんの元となる卵子も赤ちゃんのベッドとなる子宮内膜もあなたの体の一部であって、体の質こそが治療の成功に深く関係しているのです。
そこで私たちがご提案しているのが、「受精能力を持った元気な卵子や、着床に適した子宮内膜がある体へ変わるため、体の中をまるごと良い状態に変えていく」という『体質改善』です。例えば、子宮の血行不良を改善し、着床しやすい子宮内環境を目指します。例えば、卵巣の代謝不良を改善し、卵子の質の向上を目指します。私たちはそうした体の質をひとつひとつ変えていくことが不妊治療の成功率を高めると考え、栄養面の改善を中心とした各種サポートを行っています。

 
<子宮内膜の厚さによって異なる妊娠率>

主婦の友生活シリーズ「赤ちゃんが欲しい」に掲載された、セントマザー産婦人科医院の不妊治療実績によれば、体外受精における妊娠率は子宮内膜の厚さによって大きく異なります。
35歳未満・排卵コントロール:ショート法・6個以上採卵できたケースの体外受精において、子宮内膜が6mmの場合の妊娠率は10mm以上の場合の約3分の1、子宮内膜が8mmの場合の妊娠率は10mm以上の場合の約2分の1という結果が出ています。良好な子宮内環境をつくることはあなたに課せられた最大の課題といえるでしょう。
 

 
 
 
*
| HOME | 不妊症の悩み | 生理痛の悩み | 生理不順の悩み | 更年期障害の悩み | サポート内容 | 生理・体チェック |
Copyright© 2001 Wellness Research Institute