卵巣のう腫や卵巣機能不全など、からだの豆知識

 
*
*
不妊症・生理不順などのからだの豆知識 卵巣疾患、からだの豆知識


  *生理のトラブル
*子宮疾患
*卵巣疾患
*その他
*
おすすめリンク集
*
べびくる
多嚢胞性卵巣症候群にお悩みなら
PMSにお悩みなら
*
*
 



*
卵巣腫瘍の約90%はコレ! >> 卵巣のう腫
卵巣にできた良性腫瘍の総称。自覚症状が少ないのが特徴だが、まれに破裂したり、茎捻転(腫瘍の根元がねじれて血流が止まること)を起こし、下腹部に激痛がはしることも。 ネバネバした液体が入った「ムチン性のう腫」、サラサラとした液体が入った「しょう液性のう腫」、卵子が勝手に分化して作った脂肪や毛髪、歯などがたまった「皮様のう腫」などがある。

子宮内膜症が卵巣で発生! >> チョコレートのう腫
卵巣の中で子宮内膜症が起こると出口がないため、生理の度に内膜組織から出た血液が卵巣の中にたまり、袋状の嚢腫ができる。 その嚢腫にたまった血液がチョコレートのように見えることから「チョコレートのう腫」と呼ばれている。正常な卵巣組織や卵管を侵し、卵胞の成熟を妨げて不妊症の原因になることも。

あらゆる年代の人に発生する恐れが! >> 充実性腫瘍
卵巣の中に組織が詰まっていて、さわると固いこぶのようなかたまりになったもの。ほとんどの場合が悪性で、約80%ががんといわれている。 初期の自覚症状は少ないが、進行すると下腹部に異常感や痛みを感じるようになる。

濃毛やひげなどの男性化がおこる! >> 卵巣機能不全
性腺刺激ホルモンの刺激を受けても、卵巣機能が正常に働かないことをいう。卵巣は視床下部、下垂体からのホルモンにより、円滑に卵巣からのホルモンを分泌するため、視床下部や下垂体の働きが悪くても卵巣機能は障害される。 主な症状としては、月経がおこらない、あっても周期が不規則、不正出血など。また、女性ホルモンより男性ホルモンの比率があがるので、体毛が濃くなったり、ひげが生えてきたりと男性化がおこる。

“沈黙の腫瘍”といわれるほど自覚症状がない! >> 卵巣がん
卵巣の中にできる、悪性の腫瘍。日本では近年、発症率が急激に増えている。30〜50代の出産を経験していない人に多い。自覚症状がなく、早期発見が難しいものではあるが、万が一早期発見できた場合、がんが発生している卵巣だけを摘出し、もう片方の卵巣と子宮だけで妊娠が可能となる。

*
| HOME | サポート内容 | 体験談ご紹介 | からだの豆知識 | くすりの豆知識 | 管理栄養士の栄養講座 | 生理・体チェック | 男性不妊情報
Copyright© 2001 Wellness Research Institute