ホルモンバランスとは?その疑問を解くためにも女性ホルモンの働きについてお話ししましょう。

 
*
*
生理不順や女性ホルモンに関する基礎知識&婦人病・女性特有の不快症状について
*
あなたの生理は正常?周期・期間・量の正常範囲
やさしくご説明!正しい生理のメカニズム
低温期から高温期へ、理想的な基礎体温のカタチ
女性の健康をつかさどる“女性ホルモン”の働き

*
過短・過長月経や無排卵月経など、生理のトラブルについて
子宮内膜症や子宮ポリープなど、子宮の病気について
卵巣のう腫や卵巣機能不全など、卵巣の病気について
不妊症や黄体機能不全など、その他女性特有の病気について

おすすめリンク集
*
べびくる
多嚢胞性卵巣症候群にお悩みなら
PMSにお悩みなら
*
生理不順.net
*
 
 
* * *
*
*
  ホルモンバランス。誰もが一度は聞いたことのある言葉だと思います。 ホルモンバランスとは、視床下部と下乗体、卵巣( 子宮 )が連携し行なう、 女性ホルモン( 卵胞ホルモン、黄体ホルモン )のコントロールのこと。 このバランスが少しでも乱れてしまうと、肌のトラブルやボディラインの崩れはおろか、 生理不順などを起こし果ては取り返しのつかないことになってしまうのです。

* <女性ホルモンの流れについて>

* 女性の体としての働きをするホルモンの分泌しなさい
* 視床下部から下垂体へ、性腺刺激ホルモン放出因子が分泌される
*
* 卵胞(成熟卵)をつくりなさい
* 下垂体からから卵巣へ、卵胞刺激ホルモンが分泌される
*
* (出産後)乳汁を出すホルモンを分泌しなさい
* 下垂体から乳房の中にある乳腺へ、乳汁分泌ホルモンが分泌される
*
* 女性らしい体をつくりなさい
* 卵胞から卵胞ホルモンが多量に分泌され、他器官に作用する
*
* 卵胞ホルモンの分泌がピークになりました。
次の指令を出しなさい
* 卵胞ホルモンの分泌状態を視床下部がキャッチ。下垂体へ伝達する
*
* 排卵を起こしなさい
* 下垂体から卵巣へ、黄体化ホルモンが多量に分泌される
*
* 女性らしい体を維持しなさい
* 卵胞が黄体に変化し黄体ホルモンが分泌され、他器官に作用する
*
* 妊娠(子宮内膜に受精卵が着床)しませんでした。
分泌を抑制しなさい
* 子宮内膜への着床の有無を下垂体へ伝達。卵胞・黄体ホルモンの分泌を抑制する
*
* 次のサイクルへの準備をしなさい
* 視床下部が卵胞ホルモンの分泌量の低下をキャッチ。
下垂体へ * の指令を出す。
*

  * から * までの女性ホルモンの流れのサイクルは、約一ヶ月周期で起こります。 あなた自身は何気なく一ヶ月を過ごしているかも知れませんが、体の中では 多種類のホルモンたちがあなたの健康のために活動しているのですよ。
 
生理の状態からあなたを診断します
 

*
| HOME | サポート内容 | 体験談ご紹介 | からだの豆知識 | くすりの豆知識 | 管理栄養士の栄養講座 | 生理・体チェック | 男性不妊情報
Copyright© 2001 Wellness Research Institute