*
* ≪BACK
*
*
*

あなたの家にあるこれだけの危険


〜住まいのアレルギーあなたの家は大丈夫?〜
毎日何気なく過している家の中は、有害物質発生源がたくさん。
ごく微量の化学物質に対して過敏に反応する、住居から発生する有害な物質で健康に影響をきたす化学物質過敏症。有害物質が体内に侵入してアレルギー症状を引き起こす。
例えば・・・
壁紙:ホルムアルデヒト放出基準を超えているもの
接着剤:ホルマリンを含んだもの
フロア:ホルムアルデヒトを抑えていない床材 等であれば
<吸引症状>
0.5ppm以内目に刺激を感じる
0.8ppm 〃臭気を感じる
3.0ppm 〃鼻、喉が痛く感じる
10ppm  〃目、鼻、喉に強い刺激。短時間なら耐えれる
20ppm  〃深い深呼吸が出来ない
100ppm 〃5〜10分くらいで気道障害がある
しかし、これから家を建てるのであれば天然素材の素材を使えばいい、新築を買った人は早く入居したいところだが2週間は換気をしてから入居する。
現在の住まいなら対策として、空気環境を良くすること。
家に居る時、常に換気を心がける。問題がなければクローゼットや押入れも開けて。
ホルムアルデヒトが怖いのいは化学物質過敏症になると一時的には治っても完治しないということです。 

〜住まいの中には危険がいっぱい〜
要注意!!
住宅内の有害物質発生源
アレルギーが起こるよりも、はるかに微量の化学物質で、アレルギーや風邪に似た症状が現れる“化学物質過敏症”にかかる人が年々増えています。
壁や柱、床などの建材に使われている塗料や接着剤から、芳香剤や消臭剤のように気軽に使用しているものまで、私たちの生活の中には、何万種類もの有害化学物質が溢れています。が、それらを一切使用しない生活は不可能です。
出来る限りの換気、空気清浄を心がけるようにしましょう。
*
※上記は、ほんの一例。住宅内の有害物質発生源は、まだたくさん存在します。

*
*
| HOME | サポート内容 | 体験談ご紹介 | からだの豆知識 | くすりの豆知識 | 管理栄養士の栄養講座 | 生理・体チェック | 男性不妊情報
Copyright© 2001 Wellness Research Institute