*
* ≪BACK
*
*
*

人体に影響を及ぼす? 洗剤のコワイお話

私たちの日常生活にはかかせない洗剤。
台所用洗剤を始め、シャンプー・リンス、洗濯用洗剤など様々な環境で使用されています。
長期間変質することなく、手肌になじみやすいものや香りのよいものなど、それぞれ大変使い易く作られていますね。
しかし、これらは私たちの体に安全なものなのでしょうか?
近年、これらに含まれる合成界面活性剤が、人体に毒性をもたらし、環境汚染の一因としても重大な問題になっているのです。
今回は合成界面活性剤のコワイお話です。
*

合成界面活性剤が皮膚から人体に侵入する?!
界面活性剤とは、液体・気体・固体のうち、二つの物質の界面に働きかけ、境界面の性質を変化させる物質のコト。
例えば、本来、油と水は混ざり合わずに分離しますが、界面活性剤を使用する事により両者を均一に混ぜ合わせ安定させる事ができるのです。
油を溶かし、水にも良く溶け、安価な上に少量の使用で済む為、私たちの生活にも爆発的に普及しました。一見使い易さだけを考えると、優れた作用であると言えます。

ところが・・・
ボディソープを小皿などに少し入れて、食塩を混ぜてみてください。
白く固まっていくのをご存知でしょうか?
私たちの体から分泌される汗には、少なからず塩分が含まれていますので、ボディソープなどで体を洗っている際、皮膚上ではこの実験と同じように白く固まってしまうと考えられます。
さらにこれらは毛穴に詰まってしまいます。
この詰まった合成界面活性剤が、強制浸透力という作用によって、私たちのあらゆる皮膚から侵入するのです。
また、衣服に残った合成洗剤などは、どんなに洗い流しても残留し、今度は汗や雨で溶けだして肌に浸透していきます。
*

シャンプーは頭皮から、食器洗いは手指から、洗濯洗剤は衣類に残って、私たちの皮膚をたやすくすり抜け、血管に侵入してしまうのです。
侵入した合成洗剤は、血液を溶かし(溶血作用)、皮膚組織や細胞を破壊して、肝臓や腎臓に蓄積されると云われています。
中でも恐ろしいのはシャンプーやボディソープでしょう。
浴室の高温によりさらに浸透力が高まった合成界面活性剤の原液が、毛穴の開いた私たちの皮膚に直接つけられるのですから…。
*

合成界面活性剤が人体に侵入すると、ガンの恐れも?!
本来、消化器官から吸収された物質ならば、門脈を経由して必ず肝臓を通過するので、多少なりとも肝臓の解毒システムを受け、97%が尿の中に排泄されます。
ところが、口腔粘膜や皮膚から直接吸収された有害物質は、毛細血管を通って心臓へたどり着き、今度は心臓から全身の器官へと広がって、さらに体内に蓄積される事になります。
女性の場合、子宮にも蓄積し、アトピー性皮膚炎の子供が生まれる原因になると云われています。
また、女性用の避妊フィルムにも合成界面活性剤が使用されており、その殺精子力は、50ppm(0.005%濃度)の量ならわずか1秒で精子が死亡してしまうほどとか。
最近では、精液中の精子数が減少したり精巣障害との関連性も指摘されています。
*

さらに、これらの合成界面活性剤は、体内に侵入して細胞内に入ると、遺伝子をも傷つけます。
傷ついた遺伝子をもつ細胞は、異常細胞へと分裂し、ガン組織へ発展していくと云われています。
本来、健康な体であれば、例え小さなガン細胞が発生しても白血球などの免疫力の働きにより、ガン細胞を破壊する事ができますが、有害物質に汚染されている体は免疫力が正常に働かないため、ガン細胞を死滅させる事が出来なくなってしまうのです。
この為、子宮ガン、卵巣ガン当の生殖器ガン、子宮内膜症、不妊症、精巣ガン、前立腺ガン、アレルギー等にも関与しているとの見解もあります。
*

また、人体だけでなく、河川への影響も大きな問題になっています。
合成界面活性剤は分解に時間を有する上に、生物の細胞を破壊する為、河川の有機物汚染が進行し、生息する生物の受精や生態系にも多大な影響を与えているという報告もあります。
そして、それがまた私たちの体内に戻るという悪循環が繰り返されているのです。

合成界面活性剤は、市販されているほとんどの洗剤、シャンプー・リンス、ハミガキ粉などに含まれています。
お使いの製品の容器を確認してみて下さい。成分表示されていないでしょうか?
簡単便利な使い易さだけに惑わされず、もう一度身の周りを見直し、私たちや未来の地球にも本当に安全なものなのか正しい知識を持って選びたいですね!

【 以前のテーマ 】

*
*
| HOME | サポート内容 | 体験談ご紹介 | からだの豆知識 | くすりの豆知識 | 管理栄養士の栄養講座 | 生理・体チェック | 男性不妊情報
Copyright© 2001 Wellness Research Institute