顧問医師  木下 裕康

<コメント>
生殖補助医療技術の進歩により、かつては赤ちゃんを諦めなければならなかった方も妊娠できるようになりました。しかし、あくまでも、医療は妊娠への行程を手助けするという「補助」であって、赤ちゃんの元となる卵子をつくったり、胎児が生命活動できるまでに育てたりするのはあなたの体です。あなたの体の状態を無視して、赤ちゃんを授かることは出来ません。不妊治療でよいスタートを切るためにも体づくりは必要です。
私は、ウェルネス研究所の「受胎環境を整えることから不妊を改善する」というサポート体制に深く共感し、顧問として助言指導をしております。あなたが無事、赤ちゃんに出会えるよう医学的分野からお手伝いできれば幸いです。

<Profile>
産婦人科・内科 木下医院 院長
母体保護法指定医・認定健康スポーツ医・東洋医学認定漢方専門医・日本産科婦人科学会会員・日本東洋医学会会員

 
  看護師・管理栄養士・健康管理士などの女性カウンセラー

<私たちがお悩み改善をサポートします>

「赤ちゃんが授かった」「生理周期が整った」などのご報告は、何度お伺いしても感動するものです。私たちは、皆様からのそんなひと言をやりがいに、常に知識の向上を心掛けています。これまで、たくさんの女性のお悩みをお伺いし、一緒に改善を目指してきたという経験をもとに、あなたをきっちりとバックアップさせて頂きます。
まずは“カウンセリング”と構えずに、不安や疑問に思っていることをお話しください。話すだけでラクになったり、気持ちを整理できて、次のステップへ進めることもあると思います。

 
 
*
| HOME | サポート内容 | 体験談ご紹介 | からだの豆知識 | くすりの豆知識 | 管理栄養士の栄養講座 | 生理・体チェック | 男性不妊情報
Copyright© 2001 Wellness Research Institute