食生活でできる、3つのPCOS(多嚢胞性卵巣症候群)対策について管理栄養士がご提案♪

 
*
*
*
*
*
おすすめリンク集
*
べびくる
多嚢胞性卵巣症候群にお悩みなら
PMSにお悩みなら
*
*
 
*

生理不順や不妊症の原因となる排卵障害のひとつに「PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)」があります。このPCOSという病態は食生活と深い関わりがあり、食生活の改善や体重のコントロールにより症状が緩和されたというケースも少なくありません。
そこで、ウェルネス研究所の管理栄養士が『食生活でできる、3つのPCOS対策』をご提案します。PCOSでお悩みの方はぜひ参考にしてくださいね!

*
*

PCOSの方の多くには肥満がみられることで知られます。そのため、カロリーを抑えることはPCOS対策として非常に効果的だと考えられています。
ただし食べないことによってカロリーを抑えようとすると、その反動で余計に食べてしまったり、健康を損なってしまったりして、多くの場合で失敗に終わってしまいます。大切なのは「しっかり食べる、でもカロリーは抑える」ということ。日々の食事の中で、こんなひと工夫をするだけで健康的にカロリーを抑えることが出来ますよ。

★調理法を「揚げる・焼く」から「茹でる・蒸す」へ
★揚げ物は材料をカットせずに揚げてから切り分ける
(直に油に触れる面が少なくなります)
★マヨネーズなどの高カロリーなドレッシングは
 生姜・ネギなどの薬味、香辛料、レモンなどで代用
★冷たいものより温かいものを食べるようにする
(温かいものの方がエネルギー消費が高まる)

  *
*
*

栄養バランスがとれた食事を送ることは自然と、カロリーコントロールや卵巣・子宮の健康につながります。しかし、何かと忙しい現代人が、毎日バランスのとれた食事を送ることはなかなか難しいもの…。
そこで、実際の栄養指導でもよくご提案することなのですが、「出来ることをまず1つ」から始めてみましょう。以下の項目の中に、あなたが今すぐ始められそうなものはありますか?

★朝昼晩の3食を毎日決まった時間にとるようにする
★野菜から先に食べるようにする
★魚料理を週に3ー4回食べる
★1日1回は乳製品と果物を食べる
★毎食「主食・主菜・副菜」を揃えて食べる
 ※主食/米など 主菜/肉・魚など 副菜/サラダなど

  *
*
*

PCOSのような女性特有の症状には、以下の食べ物がオススメです。日々の食事に上手に取り入れてみてください。

★大豆製品 ⇒女性ホルモンのバランスの正常化に役立つ
★ナッツ類・うなぎ・植物油 ⇒子宮内の血行促進や卵巣機能の正常化に役立つ

   
*

\お家でできるPCOS対策がいっぱい!の本/

*
*
*
*
| HOME | サポート内容 | 体験談ご紹介 | からだの豆知識 | くすりの豆知識 | 管理栄養士の栄養講座 | 生理・体チェック | 男性不妊情報
Copyright© 2001 Wellness Research Institute