旬の食材が美味しくて体に良いといわれる理由について管理栄養士がご説明。

 
*
*
*
*
*
おすすめリンク集
*
べびくる
多嚢胞性卵巣症候群にお悩みなら
PMSにお悩みなら
*
生理不順.net
*
 
*

旬の食材が「美味しい」「体にいい」と言われる理由は…?旬の食材の素晴らしさを知れば、きっと「食べなきゃもったいない!」と思うはずです。妊活中の体づくりや、生理のトラブル解消にも一役買う、優秀な旬の食材。ぜひ積極的に食卓に取り入れてくださいね!

*
*

旬とは野菜にとって「最も生育条件が揃った環境で育てられ、最も成熟している時期」。そんな旬に収穫した野菜は、味もさることながら、栄養分も最も高い状態にあるのです。
例えば、冬が旬のホウレン草の場合、冬季の低温の中でじっくりと太陽光線を浴びて、地道に光合成を行っています。そうすることで、じわじわと良質な栄養分を蓄えているのです。ところが、ギラギラと太陽が照りつける夏季では、その暑さからほうれん草も水分を欲してどんどん水分を吸収し、促成栽培の状態に…。スピードアップして育ったホウレン草は当然、蓄えられている「栄養分」や「味わい」が異なってきます。
実際、旬のホウレン草とそうでない季節外れのホウレン草の栄養価を比較すると、2倍〜それ以上の違いがあると言われています。人参やトマトなどの野菜でも同じ結果が出ているそうです。

旬の野菜は季節外れの野菜と比べて、同じ量を食べたとしても栄養価が倍もしくはそれ以上!これは摂らなきゃもったいないですよね。
野菜の栄養はヒトの健康を維持する上で非常に大切であるにも関わらず、ほとんどの人が不足しがちな傾向にあります。良質な栄養分を効率的に摂取できる旬の野菜は、老若男女を問わず皆さんにオススメの食材です。

  *
*
*

旬は、私たちの体に必要な物を季節ごとに与えてくれます。
例えば春。春には、苦みがあって繊維が多い「ふきのとう」や「ウド」などの食材が旬を迎え、私たちはこれらの野菜をとても美味しいと感じます。それは「ふきのとう」や「ウド」などが、春を迎えた私たちの体にとって必要なものだからです。「ふきのとう」「ウド」の味わいや栄養分は、冬の間ゆっくり過ごした胃腸の働きをやさしく目覚めさせてくれる役割があります。
また暑い夏には、涼しくてあっさりとした野菜や、酸味のある果物が旬を迎えます。これらの野菜・果物には暑い夏を乗り切るために、体を冷やしたり、食欲増進したりする効果があります。一方、寒くなる秋から冬にかけては、体を温めてくれる根菜類が旬を迎えます。

つまり、旬の食材はその時期の体が欲する食材なのです。だからこそ、私たちは全身で美味しいと感じるのです。

  *
*
*

旬の食材の素晴らしさは、栄養価が高くて美味しいということだけではありません。旬の食材は、日本の美しい四季を感じさせてくれます。待ちきれない旬を先き取って「走りの食材」、その時まさに美味しい「旬の食材」、過ぎ行く旬を惜しみ「名残の食材」…。季節とともに美味しい旬の食材は交替し、私たちはちょうど飽きることなく1年ぶりにやってきた季節を喜ぶことができるのです。せっかく、四季のある日本という国に生まれてきたのですから、四季を、旬を思う存分楽しみましょう。

近年は栽培技術の向上により、旬の食材が分かりにくくなっています。でも、心にも体にも嬉しくて、味も良く、おまけに安価で手に入る旬の食材を食べないのはもったいない!ですよね。ぜひ、旬を意識して、食材選びをしてみてください。

「夏」が旬の食材

*
*
| HOME | サポート内容 | 体験談ご紹介 | からだの豆知識 | くすりの豆知識 | 管理栄養士の栄養講座 | 生理・体チェック | 男性不妊情報
Copyright© 2001 Wellness Research Institute