生理痛、月経困難症のお話と「痛い」「ツライ」を解消するための食生活アドバイス。

 
*
*
*
*
*
おすすめリンク集
*
べびくる
多嚢胞性卵巣症候群にお悩みなら
PMSにお悩みなら
*
*
 
*
*
*
生理痛がひどいという人に共通しているのは、ファーストフードやお菓子をしょっちゅう食べているという点。きっと、 栄養の偏った食事に体が悲鳴をあげているんですよ。食生活の影響ってホントに大きいと思います。 さて、生理痛にも痛みの度合いがありますが、仕事や家事など日常生活に差し支えるほどの激しい痛みがある場合は月経困難症と呼ばれます。 この月経困難症、最近、10代から30代の女性の間で急増中だとか…。
*
*
1. 精神的なもの
2. ホルモン分泌
子宮内膜中のホルモン(プロスタグランジン)が遊離すると子宮の血液量が減少し、血液循環悪化、知覚神経の感受性が増す。 プロスタグランジンが血液に入ると吐き気、下痢、頭痛がおこる。
3. 病気によるもの
子宮筋腫、子宮内膜症、子宮内外炎症など
*
*
*
*
月経困難症は大きく2つのタイプに分けられます。 1つは原発性月経困難症といって、月経に伴うホルモンの変化(月経時には分娩の時に陣痛を起こすプロスタグランジンというホルモンが分泌されますが、 このホルモンが子宮の筋肉を収縮して下腹部痛などを引き起こす)や心理的な要因(月経は痛くて煩わしいものというマイナスの先入観から神経質になって症状が悪化する)などが影響しているタイプ。 他に、子宮頚管が狭いため経血を押し出す際に起こる子宮収縮や、子宮周囲の組織の充血・うっ血なども挙げられます。 『それって治せるものじゃないんじゃない?』なんて声が聞こえてきそうですが、 こんな時こそ体質を見直して快適な体を育む”東洋医学”の出番です!…但し、20代後半を過ぎて急に激しい生理痛が起きたという方は子宮の病気が関係している場合が。 これがもう1つのタイプ続発性月経困難症、病気が原因となった生理痛です。

*
*
不足しがちなビタミン、特にビタミンB群は子宮の収縮を緩める働きがあると報告されています。 乳製品、緑黄色野菜、肉類、魚介類、大豆製品からバランスよく摂取しましょう。 鉄分やマグネシウムなどのミネラル類と一緒に摂って頂くのが理想的です。 オススメは毎日牛乳を180cc飲むことと、1日1回、大豆製品を摂り入れること。 牛乳の乳脂肪はホルモン形成にも深く関わっていますし、大豆には体内で女性ホルモンと同じような働きをするイソフラボンがたっぷり含まれています。 もちろん”1日3食しっかり”は基本ですよ!これまでの食生活を少〜し見直して、痛い・辛い生理痛に悩まない快適な体を目指しましょう!
*
*
*
上の3点セット(1日3食)に加えて、果物・乳製品を摂るようにしましょう。
*
特にビタミンB6を豊富に含んでいる魚介類を週に4回以上は摂るようにしましょう。
*
緑黄色野菜を毎日摂るようにしましょう。
* アーモンド・西洋かぼちゃ・にじます・うなぎ・はまち・子持ちカレイ・アボカド・ひまわり油・大根の葉・赤ピーマン
* モロヘイヤ・西洋かぼちゃ・人参・春菊・あしたば・ほうれん草・大根の葉・おかひじき・小松菜・つるむらさき・チンゲンサイ・かぶの葉・豆苗
*
肉類(ヒレ肉など)、魚介類、大豆製品、野菜やきのこ類を摂りましょう。
*
サラダ油やコーン油などに含まれているリノール酸を避け、シソ油、月見草油などに含まれているα-リノレン酸などを摂って炎症を抑えましょう。
*
*
| HOME | サポート内容 | 体験談ご紹介 | からだの豆知識 | くすりの豆知識 | 管理栄養士の栄養講座 | 生理・体チェック | 男性不妊情報
Copyright© 2001 Wellness Research Institute
*