婦人科でよく使われるお薬の豆知識 【 子宮内膜症治療剤 】

 
*
子宮内膜症治療剤の豆知識

排卵誘発剤の豆知識
卵胞ホルモンの豆知識
卵胞ホルモン・黄体ホルモン混合製剤の豆知識
高プロラクチン血症排卵障害治療剤
子宮内膜症治療剤の豆知識
黄体ホルモン剤の豆知識
*
おすすめリンク集
*
べびくる
多嚢胞性卵巣症候群にお悩みなら
PMSにお悩みなら
*
*
 
 
薬の豆知識
ホルモンの働きを調整して、子宮内膜組織の増殖を抑制する薬です。
薬の豆知識
1.子宮内膜症、子宮筋腫
2.切迫流早産、習慣性流早産
3.黄体機能不全による不妊症
4.月経困難症、機能性子宮出血、無月経、月経周期異常
5.乳腺症、中枢性思春期早発症

製 剤 名 製 品 名
酢酸ナファレリン製剤 ナサニール
酢酸ブセレリン製剤 スプレキュア
ジドロゲステロン製剤 デュファストン
ダナゾール製剤
エスデラート
オイスロン
ソフナリン
ダイナゾール
ダナゾール
ダナゾリック
ダナン
テーム
副 作 用
1.外陰部のかゆみ、膣の乾燥などの低エストロゲン症状
2.不正出血、おりもの
3.乳房の張りや萎縮など
4.にきび、皮膚の感想、肌荒れなど
5.発疹、じんま疹などの過敏症状
6.吐き気、嘔吐、便秘、胃の不快感、下痢、口の乾き、腹痛などの消化器症状
7.GOT,GPTなどの肝機能検査値の異常
8.肩こり、関節痛、腰痛など
9.頭痛、不眠、めまい、しびれ、不安、発汗、立ちくらみ、耳鳴りなど
10.動悸、血圧の上昇、四肢の冷えなど
11.鼻出血、鼻粘膜の刺激症状、鼻炎など
12.貧血、血小板や白血球の減少など
13.発熱、疲労倦怠感、むくみ、体重増加、のどの刺激感など
重大な副作用
1. 更年期に似たうつ症や脱毛があらわれたとの報告があります。
2. ダナゾールで、血栓症、劇症肝炎があらわれることがあります。
また長期使用した人に肝臓ガンが発生したとの報告があります。

*
| HOME | サポート内容 | 体験談ご紹介 | からだの豆知識 | くすりの豆知識 | 管理栄養士の栄養講座 | 生理・体チェック | 男性不妊情報
Copyright© 2001 Wellness Research Institute